自慢の髪だったのにな・・・・・・・

黒々しい髪の中に白い毛がチラホラと出てきたら白髪染めで染めてしまう人もいると思います。近年は薬局でも髪をいたわった色々な商品が販売されていますがインターネット通販サイトでは、より効果的で髪にやさしい物が揃っています。特に良いのは、トリートメントとして使えるものです。
普通、乾いた髪にクリーム状の物を塗っていくと思いますがその後のシャンプーも色が飛び散り、大変ですよね。けれども、トリートメントとして使うものは髪が濡れててもそのまま使用できるのでお風呂で使う事ができ、なおかつ髪のダメージも防げます。
毎日使える便利な商品です。鏡をふっとみたら白い毛の多さに驚愕した・・そんな時は育毛剤や白髪染めを使い、元の毛色と同じにするのが良いです。
セルフで染めるのは自信がないし、髪が傷むのでは?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが近年は配合成分にもヘナを使用した商品も多くなってきています。
この商品は植物から取れたエキスを配合したものなのですがアーユルヴェーダなどでも頻繁に使われています。
脱色するのではなく表面に色を乗せる。といった感じなので傷む心配がありません。
ですが、脱色しない。
という事は黒い部分に使用しても効果がない。
という事です。
そういう訳で、気になる部分にポイントとして使うのが効果的です。
生え際の白い筋が気になり、髪をアップすることができない・・そう思われている方におすすめなのが白髪染めです。とはいえ、白い髪の毛は黒い部分に比べてほんの少し・・という方が多く一部分に数本ぐらいずつあるといった症状が多いと思います。
通常のカラーリング剤は髪全体を染めるものですが白髪専用の物は、気になる部分だけを隠せるようにコームが小さくなっていたり全体を染めたとしても白い部分だけに反応するようになっていたりとこういった感じの商品を見つける事ができます。
自分で出来ると美容院代も浮きますし、とても手軽です。
髪の毛の中に白い部分が出始めたら男性でも女性でもショックを受けますよね。黒い毛の中に白い毛があることで疲れた印象になる事もあり手っ取り早く解決したいものです。
そんな時には泡タイプのヘアカラーがおすすめです。
市販の物で髪染めといえばクリーム状のものが一般的ですが近年は泡で出るタイプが増えてきています。セルフで染める時、クリーム状ですとどうしても髪の奥まで行き届かないのに対しこの商品は泡で髪の毛全体を包むように染めていきますから簡単に綺麗に染められます。
結婚を機に出産を控えた、もしくは出産された女性はホルモンバランスの影響で若いうちからでも白髪が生えてくる事があるそうです。
白い物が髪に少しでもあると疲れている感じに見えますし、見た目も年齢以上に見られる可能性もあります。
この事から、白い物は早い内に白髪染めで目立たなくするのが良いです。
染めるのではなく抜いて対処する。という方もいらっしゃいますが抜くのは頭皮にも負担がかかり逆効果だそうです。専用の商品を使って染めるのが一番良い方法です。
人気なのは泡タイプや部分タイプなど手軽に使える物も沢山あるので自分が使いやすい商品があるでしょう。

Contents

HOME

未分類

↑ページの上部へ戻る

Copyright(c)ヘアケアで人気のあのグッズを紹介. All rights reserved.